お風呂にも浄水器を付けるべき|清潔な水で体を洗う

作業員

掃除の事を考える

入浴

より掃除しやすいのは

浴槽の掃除はかなり体力が必要となる家事です。浴槽内部だけでなく壁など、様々な箇所を掃除しなければいけません。掃除を怠ってしまうと水垢でぬめりが出る、黒カビが生える可能性があります。浴槽・壁はもちろん、風呂ふたも掃除が十分に行き届かなければ、水垢・黒カビの餌食になってしまうので注意が必要です。風呂ふたを選ぶという際、できるだけ掃除がしやすいかどうかという点で、探してみるのも良いでしょう。今現在、風呂ふたの中で掃除がしやすいと言われているのは、組み合わせタイプです。組み合わせタイプは2枚から3枚のふたを組み合わせ、浴槽に使うタイプの風呂ふたとなっています。風呂ふた表面はフラットになっているので、お風呂用洗剤を使いスポンジでサッと擦るだけで汚れを落とせる、掃除の手間暇がかからないという点が、組み合わせタイプの特徴です。また、立てて収納しておけば溝などが無い形状なので、黒カビの原因となる水分もスムーズに下へと落とせます。できるだけ掃除の負担を減らしたいなら、組み合わせタイプのふたをチョイスしてみましょう。また、同じ組み合わせタイプのふたであっても、より掃除がしやすいよう加工されている商品もあります。例えば銀イオン加工を施しているふたの場合、抗カビ効果があるのでカビが生えにくいと言われているのです。特にカビやすいふた周囲のゴム部分が、銀イオン加工されていると、かなり掃除の手間暇を省く事が出来ます。